Bash: 入力引数と関数をパラメーターで解析します

Share This Post, Help Others, And Earn My Heartfelt Appreciation! :)
0
(0)

Bashとは何ですか?

Bashは基本的にshを使用するための最新のレイヤーです。 公式ページで読むことができるように、bashは次のように説明されています。「プログラミングとインタラクティブな使用の両方でshよりも機能が向上しています。さらに、ほとんどのshスクリプトは変更なしでBashで実行できます。」

コマンドライン編集、
無制限のサイズのコマンド履歴、
ジョブコントロール、
シェル関数とエイリアス、
無制限のサイズのインデックス付き配列、
2から64までの任意のベースの整数算術。

入力引数を解析します

入力引数を使用してbashスクリプトを実行することがよくあります。 しばしば、適切で、クリーンで、透明な方法でそれを行う方法、いわゆる生産であり、将来的に変更または開発するのが簡単であるという疑問が生じます。 そしてそれは間違いなく起こります:)

スクリプトを実行し、それに2つのパラメーターを渡す例を見てみましょう。 環境の名前(-e)とスクリプト内のコード実行の反復回数(-i)を指定するとします。

./test-script.sh -e DEV -i 10

次に、test-script.sh内で、次のコードを使用して解析できます。

usage() {
  echo "Usage: $0 [option...]" >&2
  echo "   -e     env"
  echo "   -i     iterations"
  exit 1
}

while getopts ":e:i:" o; do
  case "${o}" in
  e)
    ENV=${OPTARG}
    ;;
  i)
    ITERATIONS=${OPTARG}
    ;;
  *)
    usage
    ;;
  esac
done
shift $((OPTIND - 1))

パラメータ付きの関数

パラメータを使用して関数を作成することがよくあります。 ただし、パラメータが括弧で囲まれている他のプログラミング言語ほど明白ではありません。 私たちは密かに彼らにたどり着かなければなりません。 関数呼び出しは次のようになります。

someFunction "$ENV" "$ITERATIONS"

この関数は次のように実装されます。

someFunction() {

  environment=$1
  iterations=$2

  ...

}

次のパラメーターについては、1から始まる$とその数を参照します。

この投稿を楽しんだ場合は、以下にコメントを追加するか、Facebook、Twitter、LinkedIn、または別のソーシャルメディアのWebページでこの投稿を共有してください。
よろしくお願いします!

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating 0 / 5. Vote count: 0

No votes so far! Be the first to rate this post.

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments